愛知県のペット可有料老人ホーム

愛知県のペット可有料老人ホーム

愛知県には現在 14件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★愛知県、全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。

 

 

 

愛知県のペット可有料老人ホームQ&A

 

 

Q 愛知県名古屋市在住者です。
ペット可の有料老人ホームに猫と入居したとして、退去するときの費用はかかりますか?
外出やお泊りなども自由にできるし猫も一緒に入居してもいいとのことで有料老人ホームで暮らそうかと検討しています。
トイレも失敗はないしあまり暴れたり鳴いたりしませんので、しつけができている方だと思います。ただ爪とぎを置いても自宅では柱や扉の端などで爪を磨いて傷つけてしまいます。
目の前で見ているときならやめさせることができるのですが、見ていないときにやることも多く自宅の柱には深い爪とぎの跡が残ってしまっています。
有料老人ホームに入居したとしたら今まで以上に気をつけるし爪とぎ用のグッズも用意するのですが部屋を傷つけない自信がありません。もし退去したときに多額の修繕費などを請求されたりするものなのでしょうか?ペット可としているのである程度は汚れたりするのも込みで住居費として毎月支払われているものなのでしょうか?
(愛知県 名古屋市 69歳)

 

 

A: 猫が爪をといで部屋を傷つけるかもしれないことは、猫の習性ですから、飼ったことがある人にとっては当たり前のことですよね。

 

ペット可の有料老人ホームなら、そんなことは承知しているはずだと思ってしまうのですが、もし退去時に高額な費用を請求される可能性が少しでもあったら、安心して入居できません。

 

しかし、実際には有料老人ホームが設けている決まりごとはそれぞれ違いますので、一概にいえません。

 

個別に確認してみるというのが、一番確実です。

 

 

入居前にしっかり説明を受け、資料に目を通し、わからないことは直接質問して、納得できるところに決めることが大切です。

 

問い合わせへの対応の仕方も、その有料老人ホームが信頼できるところかを判断する材料になるかと思います。

 

 

たいていの猫が、柱や壁などで爪をとぐのは当たり前のことなのです。

 

契約書などの書面で退去時に発生する費用について明記しない施設は、トラブルにつながりかねません。

 

そういたところは、やめておいた方が無難です。

 

 

実際に、国民生活センターには退去時のそのような費用負担に関するトラブルの相談が寄せられているとのことです。

 

退去時の修繕費などの費用について、問い合わせてもお茶をにごすような不誠実な回答しか返ってこないようでしたら、そこは避けて他の施設を探すべきです。

 

 

 

・見学や宿泊体験で試してみよう

 

気に入った有料老人ホームがあれば資料に目を通すだけでなく、実際に見学に出向いてみてください。

 

見学をしてみて印象がよければ、宿泊体験も利用してみると、見学時には見えてこなかったことが見えてくることもありますよ。

 

ペットを一緒に入居している他の方からお話を聞いたり、そういった方たちやスタッフさんの様子を見てみるなどしてみることも参考になります。

 

パンフレットなどに掲載されている写真と実際とは、ずい分違うこともあります。

 

できればご家族と一生に見学に行き、客観的な目で見た意見も聞いてみるといいですよ。

 

 

 

・契約書は退去するまで大切に保管

 

有料老人ホームの入居をするときにもらう契約書やパンフレットなどの書類は、大切なことが書かれています。

 

なにかあったときに確認ができるよう、退去するまで大事に保管してください。

 

入居するときに受けた説明となんだか話が違うなと思ったら、その書類を確認すれば、根拠を持って自分の言い分を主張することができます。

 

 

証拠で示しても納得できない対応しかしてもらえなかったときは、最も近くの消費生活センターや業界団体の窓口などに相談することをおすすめします。

 

入居する前の有料老人ホームを選んでいる段階で、よくわからないことや不明点などが出てきたときも、消費生活センターに問い合わせることができますよ。

愛知県のペット可老人ホーム一覧

愛知県には14件のペットと住める有料老人ホーム、介護施設があります。

※数は常に変動します

 

★★愛知県のペット可老人ホームはこちらから★★

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

 

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。