犬と一緒に住める老人ホーム

犬と一緒に住める老人ホーム

犬と一緒に住める老人ホームについて

 

ペットと老人

 

全国に犬と一緒に住める老人ホームはまだ多くはないのですが最近徐々に増えてきています。
ただし、施設によって制約があったり、犬の世話、他の入居者への対策をどのようにしてるかなどかなり異なります。

 

入居後のトラブルを防ぐために必ず資料請求で書面を取り寄せましょう。
(電話の場合トラブルになる場合が多く報告されています)

 

全国には現在 86件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。

 

 

【コラム】犬と老人ホームで暮らす

犬と自宅で生活している高齢者にとって、将来、自分にもし何かあったら、この子(犬)をどうしよう。

 

とふと考えたことがあるはずです。

 

犬は、大昔から人間の仕事を手伝ったり、パートナーとして親密な関係を築くなど
人間と一緒に暮らす動物です。

 

 

飼い主にとっては、子供変わりであったり、パートナーだったりととても大切な存在です。

 

そのため、出来るかぎり長く一緒に暮らしたいものです。

 

元気なときはいいのですが、健康に自信がなくなったり、ふとしたきっかけで介護などの手伝いが必要になることがあります。

 

そうした場合、犬がいるから出来るだけ自宅で生活したいと思うことでしょう。

 

もちろん、自宅での生活が可能なケースでは、住み慣れた場所で介護サービスを利用しながら生活をするのが一番良い選択肢でしょう。
そのための介護保険制度ですからね。

 

しかし、介護保険制度では介護認定を行い、その介護度の範囲内で利用できるサービスでしか保険が適用されません。

 

つまり、介護保険で認定された介護度に応じて、保険内で利用できるサービスが決まるのです。

 

その介護保険制度内のサービス利用だけで、満足のいく生活ができるなら良いのですが、なかなかそうはいきません。

 

 

介護度が低いと週に一回のデイサービスが限界であったり、家族が同居している場合は、家事援助は一切できないなどかなりの制約があり、
介護認定を受けて介護度が認められたのにも関わらず、自宅での生活が難しいケースも多いのです。

 

また、介護の中には、犬などのペットの世話は、項目に入っていないのでホームヘルパーさんが来ても犬の世話をしてくれない可能性が高いです。

 

 

犬を飼っている人にとって厳しい現実な話をしましたが、そうなってからいろいろと調べて動き出すには、ちょっと大変ですし、早めに調べて、こうなったらこうしよう。
と決めておく方が良いでしょう。

 

 

では、犬を飼っている人がもし、自宅での生活が難しくなった場合は、どうするのが一番なのでしょうか?

 

 

その答えの一つが、犬を飼える老人ホームで暮らすことです。

 

選択肢として、家族や親族など犬を飼ってくれる人を探して、飼い主さんだけ老人ホームで生活する。
という方法もあるのですが、家族同然なのに、別れるのはとてもさみしいものです。

 

たまには会えるからと言っても、毎日一緒にいたわけですから、
一緒に生活できるならそうしたいですよね。

 

その希望を叶えられるのが、犬と一緒に住める老人ホームなのです。

 

 

老人ホームの全体数の中では、犬と一緒に住める老人ホームの数は少ないので、
もし、可能ならば犬と一緒に生活していきたい。

 

と思っている人は、資料を取り寄せたりして情報を仕入れておき、
万が一のときに備えておくと、状況が変わった時も自分の納得のいく生活を送ることができるでしょう。

 

★★全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ