全国のペット可老人ホーム一覧

全国のペット可老人ホーム一覧

全国には現在 96件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★全国のペット可老人ホーム一覧はこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

 

ペット可の老人ホームは以前よりも増えていますがまだまだ全国規模で見ると多いとは言えません。
大阪、東京は比較的多いのですが、それ以外の地域は比較的ペットの受け入れが可能な老人ホームはまだ少ないと言えます。

 

また猫は可能でも犬がNGとなってる場合や大型犬が不可の老人ホームもあります。
それぞれの老人ホームごとの体制など確認しましょう。

 

電話の場合、あとで書かれてることと異なるというトラブルがかなり多く報告されています。
最初に無料資料を取り寄せして書面でしっかり確認しましょう。

 

 

【北海道・東北地方のペット可老人ホーム一覧】

北海道
ペットと住める老人ホーム北海道エリア一覧へ

 

 

【中国地方のペット可老人ホーム一覧】

 

岡山県
ペットと住める老人ホーム岡山エリア一覧へ

島根県 
ペットと住める老人ホーム島根エリア一覧へ

 

【九州地方のペット可老人ホーム一覧】

福岡県
ペットと住める老人ホーム福岡エリア一覧へ

 

 

 

Q:介護保険の給付を受けて介護サービスを受けるには、要介護認定を受ける必要があると言われました。
要支援や要介護の度合いはどのように決まるのでしょうか?

 

A:介護サービスを利用するためには、各市区町村の介護保険課認定係の窓口などに要介護(要支援)認定の申請を行い、介護認定審査会によって判定をしてもらいます。

 

介護認定審査会の方たちは、福祉や医療、保健の分野の学識経験者です。

 

市区町村の職員もしくは委託された事業所の担当者が自宅を訪ね、ご本人やご家族から心身の状況などに関する聞き取り調査があります。

 

聞き取り調査の主な概要は、歩行、立ち上がり、外出頻度、視力、聴力、記憶・理解、意思の伝達、衣服着脱、食事摂取などといった、日常生活にまつわることです。

 

 

訪問調査の結果はコンピュータにより推計され、さらに主治医意見書をあわせて、介護認定審査会が審査を行います。

 

 

 

・自立・要支援・要介護

 

審査の結果は、自立・要支援1〜2・要介護1〜5のどれかになります。

 

自立は非該当ともいい、支援も介護も必要なく自立して日常生活の基本的な動作が行える方のことです。

 

要支援は、日常生活の基本的な動作のほとんどは一人でできますが、将来要介護状態にならないよう予防するために、なんらかの支援が必要な状態のことです。

 

要介護は、日常生活の基本的な動作を一人で行うことが難しく、介護を必要としている状態です。

 

 

 

・要介護認定等基準時間

 

ご本人が自立していればいるほど、介護に時間はかからないことになります。

 

介護にかかる時間を「ものさし」と考え、どのくらいかかったかが要支援・要介護の数字を決定しています。

 

 

5つの介護に要する時間が、「ものさし」になっています。

 

食事や入浴、排泄などの「直接生活介助」。

 

清掃や洗濯など、家事援助などの「間接生活介助」。

 

不衛生な行為のあと始末、徘徊したときの探索などの「問題行動関連行為」。

 

日常生活や歩行などといった、機能訓練などの「機能訓練関連行為」。

 

じゅくそうの処置や輸液の管理など、診療補助の「医療関連行為」。

 

 

これら5つにかかる時間が、25分以上32分未満なら、要支援。

 

32分以上50分未満なら、要介護1。要支援よりももっと手段的日常生活動作が困難になり、介護が部分的に必要になっています。

 

50分以上70分未満なら、要介護2。要介護1よりももっと日常生活動作が困難になり、介護が部分的に必要になっています。

 

70分以上90分未満なら、要介護3。要介護2よりも手段的日常生活動作と日常生活動作の両方が難しくなり、介護がほぼ全面的に必要になっています。

 

90分以上110分未満なら、要介護4。要介護3よりももっと動作能力が困難になり、日常生活が介護なしでは難しくなっています。

 

110分以上なら、要介護5。要介護4よりももっと動作能力が低下し、日常生活が介護なしではほぼ不可能な状態になっています。

 

 

 

★★全国のペット可老人ホーム一覧はこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ