東京のペット可老人ホーム一覧

東京都のペット可老人ホーム一覧

東京都には現在 11件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★東京都、全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ペットと住める老人ホーム東京エリア一覧へ

 

Q:健康型有料老人ホームとはどんなところでしょうか?
有料老人ホームの種類が多すぎてよくわからなくなりました。
痴呆の父親の入居を検討していますが、どこがいいのでしょうか?
健康型有料老人ホームではペットと住めますか?
東京都内でできれば犬と一緒に住ませてあげたいです。
(世田谷区 72歳 男性)

 

東京都のペット可有料老人ホームQ&A

A:有料老人ホームの種類は、介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3つです。

 

介護が必要で、24時間365日つきっきりのサポートが必要な高齢者の方には、介護付有料老人ホーム。

 

健康で自立できている方、比較的要介護度が軽い方が入居するのが、住宅型有料老人ホーム。

 

健康で介護を不要とする方が入居するのが、健康型有料老人ホームといった違いがあります。
健康型有料老人ホームではペットと住める場所もいくつかあります、東京都は比較的ペット可能の老人ホームが多いので探してみるといいでしょう。

 

 

・認知症高齢者が入居できる介護施設を探そう

 

「痴呆の父親の入居を検討していますが、どこがいいのでしょうか?」とのことですので、『認知症可』や『認知症相談可』の介護施設を探されることをおすすめします。

 

認知症高齢者を受け入れている施設というポイントで探してみると、健康型有料老人ホームではなく、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームが多いようです。

 

契約をする前には面談があり、ご本人の体調など生活を送る上で大切なことを確認した上で入居が決まります。

 

認知症であるかどうか、その程度なども医師の診断を確認します。

 

 

『認知症可』のところは、基本的に病気の進行度に関係なく受け入れているところです。

 

『認知症相談可』のところは、例えば夜間の徘徊がある場合は入居できないなど、施設によって線引きが異なります。

 

認知症は場合によってはこれから病状が進むことも考えられますので、先のことも考えて介護施設選びをした方が安心です。

 

病状が進んだことによって、退所を求められることがありますので、どんな場合に退所を迫られるのか確認してから選ぶことが大切です。

 

 

 

・軽度の認知症の場合

 

お父様の状態がまだ軽度の認知症ということでしたら、有料老人ホームではなくグループホームを選ぶというのもいいのではないでしょうか。

 

グループホームは、認知症(痴呆症)の高齢者の方が共同生活を送る住まいです。

 

1ユニットの人数は、5名から9名。

 

認知症の方だけでなく専門スタッフがサポートしていますから、なにかあれば支えてもらえます。

 

 

有料老人ホームよりも少ない人数の入居が、協力し合いながら生活をしていきます。

 

洗濯や清掃、調理など、まだ残っている能力を使うことで、認知症の進行を防ぐなどの効果が期待できます。

 

 

グループホームは地域密着型サービスであることから、入居条件としてそのエリア内に住民票がある高齢者でないと申し込むことができません。

 

介護認定が要支援2、もしくは要介護1以上、年齢が65歳以上の方が対象です。

 

申し込んだときに診断書の提出と、面談があります。

 

その結果を踏まえた上で、入居の可否が決まります。

 

再び地域社会の中で生活できるようになることを目的としていますので、認知症と診断されてもあきらめずに日常生活を送る仲間がいる環境です。

 

 

有料老人ホームやグループホームといった選択肢の中から、現在のお父様にあったところを選んでください。

 

東京都には現在 11件のペットと住める老人ホームの空きがあります

 

★★東京都のペット可老人ホームはこちらから★★

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ペットと住める老人ホーム東京エリア一覧へ