宮城県のペット可有料老人ホーム

宮城県のペット可老人ホーム

宮城県には現在 1件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★宮城県、全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

 

 

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。

 

 

 

Q:父親が宮城県でペットの犬と一緒に住める老人ホームを探しています。
そこでペット可の 有料老人ホームの費用について質問です。
要介護の度合い?によっても違うとは思いますが、費用はどれくらいかかるものでしょうか?
また、料金表にない追加経費(費用?)を知りたいです。
(宮城県 46歳)

 

 

A:設備の充実度や、建物の立地のよさなどによってさまざまです。

 

平均としては、最初に一度だけ支払う入居一時金が500万円、毎月支払う費用が13万円、個人の部屋の清掃や洗濯なども依頼する場合は16万円くらいかかるといわれています。

 

 

・入居一時金について

 

入居一時金は、0円のところもあれば億がつくほど高額なところまであります。

 

0円だからといって、入居一時金が有料のところより安いというわけではありません。

 

入居一時金で本来支払うはずだった費用は、毎月の費用に分割してプラスされます。

 

入居一時金を最初に支払ってしまった方の方が、0円だった方よりも月額費用は安くなります。

 

 

まとめて最初に負担する方がいいというタイプの方もいれば、月々分割の方がいいというタイプの方もいますので、ご都合にあわせて選んでみてください。

 

 

 

 

・「料金表にない追加経費(費用?)を知りたいです」とのことですが、提示されている費用に加えて、今後追加される経費があるのかは、その介護施設に直接聞いた方が確実です。

 

費用からサービスに至るまで介護施設によってバラバラなので、一概にはいえないからです。

 

 

一般的には、主に5種類の費用があります。
家賃・介護費・食費・管理費・その他の5つです。

 

 

家賃は全額前払いの施設もあるものの、基本的に毎月発生する費用です。

 

 

介護費は、要支援や要介護の認定を受けている場合に、自己負担分が毎月かかります。

 

介護付有料老人ホームに入居される場合は、施設の職員が24時間体制で介護サービスを提供するところがあります。

 

そうした施設では、毎月介護費がかかるタイプと、前払いで入居時に一括支払いするタイプがあります。

 

 

食費は、2つのタイプに分かれます。

 

1日3食分全てが毎月かかる施設と、食べた分だけが請求されるところです。

 

住宅型有料老人ホームの場合などは、入居者が自由に外出できます。

 

朝食はホーム内ですませて、ランチは外食、夕飯はダイエット中だから食べないという日でしたら、1日1食しか食べていません。

 

食べた分だけ請求される施設でしたら、費用の無駄なくこのようなライフスタイルを柔軟に送れますね。

 

 

管理費は、生活支援サービス費、施設の管理維持費、事務費、事務の人件費などが含まれます。

 

アパートやマンションなど高齢者に限定しない集合住宅でも管理費はありますが、有料老人ホームは人件費がプラスされる分だけ割高です。

 

生活費円サービス費は、高齢者である入居者の安否などを確認するなどの費用です。

 

 

その他は、個人の部屋の電気・ガス・水道代、インターネットや電話などの通信費用、みんなでお花見に行くなどというときの参加費などが考えられます。

 

個人の部屋の光熱費は、月額費用に含まれているタイプとそうでないタイプがありますので、有料老人ホームに直接に確かめてみてくださいね。

 

 

宮城県のペット可老人ホーム一覧はこちら

★★宮城県のペット可老人ホームはこちらから★★

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

 

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。