鹿児島県のペット可老人ホーム

鹿児島県のペット可老人ホーム

鹿児島県には現在 3件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★鹿児島県、全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。

 

 

Q:鹿児島でペットと住める老人ホームを探していましたが、知人から特別養護老人ホームも検討しては?と言われました。特別養護老人ホームの待機状態の人が全国で数万人いると言われています。
しかも数年待ちというケースも・・・
ほとんどの人はどうやって対処してるんでしょうか?
またペットと一緒に住むことはできますか?

A:特別養護老人ホーム(特養)に申し込みをした高齢者の方の中には、まだまだ自分一人でいろいろなことができるという方もいれば、すでに介護サービスを必要としている方もいます。

 

特養は介護の必要性が高い方から優先して入居できる施設なので、まだ自宅で療養が続けられる方などは、待機者になることがあるようです。
またペットについては市によりますが、鹿児島県ではペット可の特別養護老人ホームは今のところありません。

 

何年も待ち続けている方で介護が必要な場合は、デイサービスやショートステイを利用したり、期間限定で有料老人ホームに入居するなどしています。

 

有料老人ホームの公式ホームページの中には、特別養護老人ホームに入居するまでの一時的な利用でも積極的に受け入れていると記載したところもあります。

 

 

 

・グループホーム

 

特別養護老人ホームからの連絡を待っている間、症状を改善するために時間を使うというのもいいのではないでしょうか。

 

具体的に例をあげてみましょう。

 

医師から軽い認知症と診断されていて、施設に入居したいと考えている高齢者の方がいるとします。

 

認知症の患者さんが共同生活を送る、グループホームという施設でがんばってみるのもいい時間の使い方だと思います。

 

 

グループホームとは、軽度の認知症(痴呆症)と診断された高齢者の方が、5名から9名を1ユニットして、専門スタッフのサポートの中で共同生活を送る介護福祉施設です。

 

通常の有料老人ホームなどの場合、個室内の清掃や料理などは施設側がやってくれるところが多いですが、グループホームは自分たちで行います。

 

清掃や料理、洗濯などといった日常的な作業を、力をあわせながら残ってる能力を使って達成していくことが、認知症の進行を先延ばしにすることにつながります。

 

グループホームは、最終的に家庭に戻って暮らせるまでになることを目的としていますので、3カ月などの短期間の入居で帰る方が多いそうです。

 

 

 

・サービス付き高齢者向け住宅

 

サービス付き高齢者向け住宅は、老人ホームではなくマンションやアパートなどと同じ住宅です。

 

高齢者が住むために設計された建物に、介護サービスが付いています。

 

 

つまづきにくく車いすでも通りやすいように、バリアフリー設計になっているなど、普通の物件にはない高齢者に配慮した建物も選ばれている理由の一つです。

 

ただ、サービス付き高齢者向け住宅によってさまざまなのですが、引っ越した当初は元気だったけれど入居を始めてから介護が必要になった場合、24時間体制の介護サービスを受けられるかどうか確認する必要があります。

 

自宅の場合と同様に外部の介護サービスに依頼をすることになったら、施設内の職員に介護をしてもらうのとは違います。

 

24時間つきっきりの介護が必要になった場合に、サービス付き高齢者向け住宅から介護付有料老人ホームなどに移る方もいるそうです。

 

サービス面など入居前によく確認した上で、選ぶようにしてくださいね。