京都府のペット可有料老人ホーム

京都府のペット可有料老人ホーム

京都府には現在 3件のペットと住める老人ホームの空きがあります
※数は常に変動します

 

施設検索サービス・資料請求無料でご利用いただけます。

 

★★京都府、全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。

 

 

 

 

 

京都のペット可有料老人ホームQ&A

 

Q いま京都でペット可の老人ホームに入居を検討してるのですが、犬と有料老人ホームでずっと暮らして犬が病気になったらと心配になるときがあります。
有料老人ホームで暮らしていればいつか犬も歳を取っていきますよね。最近は長生きすることも多いし病気になることもあるし、老犬介護なんて言葉もあります。
もしそうなったときも有料老人ホームで暮らせるものなのですか?
例えば、入居者本人が健康で犬の世話をできる状況ではない場合です。動物病院への通院や治療・投薬管理など高齢者では難しくなることもあります。犬だって歩けなくなったり寝たきりになったりしますが、そういった場合は施設側でも想定して準備しているものでしょうか?あるならどんな対応になるのか知りたいです。
(京都府 72歳)

 

A:対応内容は、有料老人ホームごとに違いがあります。

 

ペットの入居規約があり、公式ホームページで公開されていますから、ご覧なってみてはいかがでしょうか。

 

 

あるペット可の有料老人ホームの例を見てみると、入居するときに身元引受人をたてるようです。

 

もしワンちゃんの健康状態などになにかあり、飼い主である高齢者の方ご本人がワンちゃんのお世話を十分にできなくなっている場合は、規約に従ってお手伝いをしたり、動物病院に通わせたり病院の紹介をしてくれるとあります。

 

身元引受人の方が預かると申し出た場合は、ワンちゃんは有料老人ホームではなくその方に引き取られるということです。

 

こうした具体的で細かいことは、候補にあげている有料老人ホームに直接確認を取ることが一番です。

 

 

 

・飼い主さんが飼えなくなったとき

 

飼い主である入居者のご本人が、例えば体調を崩したり介護度が高くなると、これまでと同様に飼育にあたることが難しくなります。

 

あるペット可の有料老人ホームの場合は、施設長の判断によりホームの職員さんが代わりとなって飼育を行うなどすることで、ワンちゃんと一緒の生活が続けられるようにサポートしてくれるそうです。

 

飼育することが困難になったからといって、ワンちゃんを手放さなくてはいけないわけではないというのは安心感がありますね。

 

ただ、この場合も身元引受人から引き取るという申し出があれば、引き渡すことになります。

 

 

もし、入居者の方が年を重ねて亡くなられたときには、遺されたワンちゃんは身元引受人の方が引き取ることになります。

 

 

 

・費用

 

入居者の体調が変わっても、規約の範囲に基づいて、有料老人ホーム側で出来る限りペットの飼育に尽力してくれるというのはありがたいことです。

 

ということは、入居するときに規約に目を通して、納得できたところに契約することが大切ですね。

 

 

有料老人ホームに一人で入居する場合とペットと一緒に住む場合とでは、費用面が違ってきます。

 

基本的に発生する費用は2種類あり、毎月かかる動物管理費(ある施設では1カ月に1万円)、と入居時に一度だけ支払う保証金(10万円)がかかります。

 

 

これら以外にかかる費用は、主に3種類あります。

 

ペットが亡くなって、その埋葬や火葬を有料老人ホーム側にお願いする場合は、実費がかかります。

 

ペットに病院で診察を受けるとき、動物病院診療代としてその実費がかかります。ただし、通院にかかる費用は、毎月の動物管理費内に入っているので不要だということです。

 

エサやペットシーツなどを有料老人ホーム側に頼む場合は、それにかかる実費がかかります。

 

京都のペット可老人ホーム一覧

京都府には3件のペットと住める有料老人ホーム、介護施設があります。

※数は常に変動します

 

★★京都府のペット可老人ホームはこちらから★★

★★京都府、全国のペット可老人ホームはこちらから★★

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
地域別ペットと住める老人ホーム一覧へ

 

ペット可能物件の場合、トラブルにならないために必ず最初に資料請求→電話→見学という流れにしましょう。